4日目の朝、快晴です。朝食(バイキング)の後、ホテルの外に出てみました。エメラルドグリーンの海と白い砂浜、まるで南国の海と錯覚しそうな景色です。
熟年夫婦ブログ西長門リゾート6
                              全室オーシャンビューの西長門リゾート
9時にホテルをチェックアウト。余りの天気の良さにつられ、昨日の夜に訪問した角島灯台を再訪問してみることにました。
熟年夫婦ブログ角島2
熟年夫婦ブログ角島灯台2
灯台付近は公園になっており、灯台を説明した案内板には、そもそもこの灯台は、古来北前船の海上交通の要であったことから明治政府がイギリス人技師に設計を依頼と...。
灯台内部の螺旋階段で展望台に上りました。
熟年夫婦ブログ灯台2
展望台からの眺望(北前船がこの前の海を航行していたのでしょう)
その後、灯台のそばにあるレンガ造りの小さな洋館に、
熟年夫婦ブログ灯台3
初代の灯台守(建設に携わったイギリス人の住まいだったようですが、
現在は角島灯台記念館として、灯台に関する詳しい内容が紹介されていて大変興味深いものでした。

10時に角島灯台をスタートし、元の隅稲成神社へ向かいました。
熟年夫婦ブログ山陰工程11
距離的には35kmと遠くはないのですが、県道66号線は途中から道路が狭くなり対面交通に苦労させられ、
約1時間のドライブで11時10分神社前に到着。駐車場に車を留め鳥居をくぐるところです。
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社15
大鳥居をくぐると神社之由来を示す案内番が、一般の神社と異なると説明あり。
熟年夫婦ブログ竜宮の潮吹き9
なぜ違うのか良くわからいないまま下を見ると鳥居のトンネルが海の方まで連なっています。
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社3
尚、鳥居の数は昭和62年から10年かけて奉納された
縁起の良い123本(ひふみ)で終了
は成就に由来し、様々な願いが叶うとか...さらに
社務所の壁に「竜宮の潮吹き」の写真があり、
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社8
取りあえず、鳥居のトンネル入り口から海の方にある大鳥居へ降りていきました。
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社18
トンネルを出て、右手にある潮吹きビューポイントに向かいましたが、風と波が穏やかなため、残念ながら潮吹きは見られませんでした。尚、竜宮とはこの地域の海蝕地形の総称のことをいうと、下のビューポイント掲示板に説明されています。
熟年夫婦ブログ竜宮の潮吹き30
海側から眺めた神社の景色、
外人の観光客には超人気の観光スポットだそうです。
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社19

熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社31
今度は反対に鳥居のトンネルの階段を上っていきます。
上りあがったところが本殿前です。
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社4
本殿にお参りしましたが、不思議なことに本殿前には賽銭箱がありません。賽銭箱はなんと最初にくぐり抜けて入った裏参道大鳥居(5m高さ)出口側の上にありました。
熟年夫婦ブログ元乃隅稲成神社18
我々も賽銭箱への投げ入れに挑戦し、3回目で成功。本当に願い事が叶うことを期待しています。

気分を良くして、次の目的地仙崎港に向かいました。
仙崎港から13時30分発、下図の青海島遊覧船一周コース(1時間20分)のチェットを購入し、
熟年夫婦ブログimage
熟年夫婦ブログ青海島1
小型の遊覧船「めるへん」で、日本海の荒波が造り上げた造形美(奇石、洞門、絶壁等)の見学に出発です。 
熟年夫婦ブログ青海島11
熟年夫婦ブログ仙崎港
15時前仙崎港に帰り着きましたが、小型遊覧船のエンジン音がとにかくやかましく、船内の案内が殆ど聞き取れない状況で、さらに外海に出ると波が高く、洞門くぐりが一切不可となり、港に着くまで不満が募る80分間となりました。

仙崎港からわずか15分のドライブで、今日のお宿、④地点の長門湯本温泉、大谷山荘に到着。
こじんまりとした山荘のイメージとは違い、5階と8階の棟が連なる大型観光ホテルでした。
熟年夫婦ブログ大谷山荘11
大谷山荘建屋
熟年夫婦ブログ大谷山荘9
フロント&ロビー
ロービーで滝の眺めと音を聞きながら、抹茶とお菓子のサービスを受けた後、案内された部屋は5階の若干高級感の漂う10畳和室。
熟年夫婦ブログ大谷山荘10
案内係から風呂場の案内(1階と2階、男女入れ替え制)を受け、早速1階の「せせらぎの湯」へ
熟年夫婦ブログ4大谷山荘50
内風呂&檜と岩の露天風呂
山口県ではもっとも古い歴史をもつ温泉と説明有りましたが、余りにも綺麗に造られた風呂場の雰囲気の為、温泉好きの我々には、逆に温泉特有の情緒が失われている感じを受けました。尚、源泉温度は30.2℃、Ph9.7と表示、加温・加水循環濾過のお湯の為か、アルカリ性独特のヌルヌル感は殆どありませんでした。

夕食は、メイン・ダイニング瑞雲にて、春会席の「はるよずき」、メインが豚しゃぶ鍋となっていました。
熟年夫婦ブログ大谷山荘6
熟年夫婦ブログ4大谷山荘52

翌日、バイキングの朝食を済ませ、9時に大谷山荘をチェックアウトし帰路につきました。
途中で数十年ほど前に訪れたことのある津和野に立ち寄り、なまこ壁と掘割の鯉が泳ぐ殿町通りに、オヤー、水が濁って鯉の泳ぐ姿が見えません。
熟年夫婦ブログ津和野
熟年夫婦ブログ20160513112506(1)
少し歩いていくと、お詫びの立て札が、「2013年夏の集中豪雨による復旧工事や降雨の為、川の水が濁る場合がある...」と、ガッカリでしたが、
熟年夫婦ブログ津和野6
気分を取り直し、ここ津和野から中国縦貫、山陽自動車道を経由して約430kmをドライブ、無事帰宅しました。
結構見所の多い山陰の旅となり、今回の全走行距離は、1,300kmを超えました。尚、8月には青森県への旅を予定しています。


今回の訪問先を日本地図上にプロットしました。

熟年夫婦ブログ日本地図11(山陰)
熟年夫婦ブログ離島

★2016年度訪問先[お宿]
★2015年度訪問先[お宿]

東北(11月28日~12月2日)
 新潟県 瀬波温泉-村上
 新潟県 瀬波温泉   [吉田や]
 山形県 湯田川温泉   [九兵衛旅館]
 山形県 瀬見温泉   [観松館]
 
山形県 赤湯温泉   [御殿守] 

上信越(10月20日~24日)
 
長野県  別所温泉Ⅱ   [上松屋旅館]  
 新潟県 妙高高原 赤倉温泉Ⅱ[赤倉観光ホテル]
 新潟県 越後湯沢温泉[御湯宿 中屋]
 
新潟県 大湯温泉     [源泉湯の宿 かいり]

上信越(8月25日~29日)
 
長野県 葛温泉       [温宿かじか]  
 長野県 白馬八方温泉[白馬東急ホテル]
 長野県 白馬みずばしょう温泉[ホテルシェラリゾート白馬]
 
長野県 小谷温泉    [雨飾荘]

北海道(7月14日~19日)
 
道央 支笏湖温泉   [第一寶亭留 翠山亭]
 道央 旭岳温泉Ⅱ   [元湯 湧駒荘]: 日本秘湯を守る会 
 
道央 層雲峡温泉    [朝陽亭] 
  道央 旭岳温泉    [万世閣ホテルベアモンテ]

甲信越(5月10日~15日)
 
富山県 なだうら温泉[磯波風] 
 富山県 小川温泉     [ホテルおがわ]  
 新潟県 赤倉温泉     [お宿ふるさと]
 長野県 野沢温泉     [旅館さかや]
 新潟県 松之山温泉  [ひなの宿ちとせ]

信州(桜のお花見)(4月19日~21日)
 長野県 飯田城温泉  [三宜亭本館]
 長野県 別所温泉     [玉屋旅館]

蔵王~鳴子温泉(1月13日~16日)
 
宮城県 鳴子温泉     [うなぎ湯・琢磨]:日本秘湯を守る会 
 宮城県 作並温泉     [一の坊]
 山形県 蔵王温泉     [蔵王国際ホテル]

★2014年度訪問先[お宿]

東北(紅葉&温泉)(10月19日~25日)
 
群馬県 花敷温泉    [花敷の宿]
 福島県 二岐温泉    [大丸あすなろ荘]:日本秘湯を守る会
 山形県 小野川温泉  [河鹿荘]
 福島県 高湯温泉    [安達屋旅館]
 福島県 岳温泉     [空のリゾート]
 新潟県 角神温泉    [ホテル角神]

鳥取~玉造温泉(9月2日~4日) 
 
 島根県 玉造温泉   [長楽園]
 鳥取県 岩井温泉   [岩井屋旅館]:日本秘湯を守る会

花巻(八幡平)~男鹿半島(7月13日~18日) 
  岩手県 山の神温泉     [優香苑]
  秋田県 男鹿温泉      [元湯・雄山閣] 
 秋田県 水沢温泉郷    [駒ヶ岳温泉]
  岩手県 つなぎ温泉    [湯守・ホテル大観]
 岩手県 松川温泉       [峡雲荘]:日本秘湯を守る会

奥飛騨温泉郷(5月15~17日)
  岐阜県 福地温泉    [山里のいおり・草円]
 岐阜県 平湯温泉    [匠の宿・深山桜庵] 

長崎~(天草)~佐世保 (3月31日~4月5日)
  長崎県 ハウステンボス温泉[ホテルオークラ・ハウステンボス]
  長崎県 雲仙温泉   [宮崎旅館]
  長崎県 雲仙温泉   [民芸モダンの宿・福田屋]
  熊本県 下田温泉   [泉屋旅館]
 長崎県 小浜温泉   [伊勢屋旅館]

新潟~裏磐梯(1月27~31日)
  新潟県  月岡温泉    [白玉の湯・華鳳]
  福島県  湯野上温泉  [籐龍館]
  福島県  猫魔温泉    [星野リゾート・裏磐梯ホテル]
  新潟県  麒麟山温泉  [絵描きの宿・福泉]

はじめまして


(付録)
温泉旅日記の計画中の間は更新が滞ってしまいますので、その間は思い出に残るこれまでの海外旅行を「熟年夫婦の海外旅行回顧録(車の旅:北アメリカ編、&列車の旅:ヨーロッパ編)」として綴っていくことにしました。
本文と合わせて、ご興味を持たれる方は下の文字をクリックされてご覧ください。

 熟年夫婦の海外旅行回顧録  

           ~更新中~